活動報告

2019年5月9日

尾鷲南紀支部活動報告会員活動報告

7月11日㈬熊野市木本小学校でフッ化物洗口事業が開催されました。熊野市では平成27年度から小学校でのフッ化物洗口事業が開始され当初は2校の実施でしたが、毎年2校ずつ増えて今年度に入って8校での実施となりました。洗口事業を実施するにあたって児童にはフッ化物洗口だけではなく、歯科衛生士による歯科保健指導、歯磨き指導も授業に取り入れ、水での洗口練習も経て洗口実施に至る、という手順で行っています。また、新規実施の学校には保護者説明会、教職員研修会も洗口実施前に開催されます。児童は保育所・幼稚園でもフッ化物洗口を経験しているので、実施日もほぼ問題なく洗口できていました。木本小学校で今年度の対象は1,2年生となっており、2限目と3限目の休憩時間(15分間)に実施していました。すでに実施中の他校では水曜日のお昼休みに実施するところがほとんどの中、余裕を持って取り組むことができ非常によかったのではないかと感じました。

(尾鷲南紀支部:山本奈美)



活動報告 一覧

  • 日本歯科衛生士会